So-net無料ブログ作成
検索選択

ビタミンDは健常児でも不足ーービタミンD過剰摂取のリスクとは? [ビタミンD]

 フィラデルフィア小児病院栄養人類学者のBabette Zemel博士らは、健康な小児や若者の多くがビタミンDの血中濃度は低く、くる病などの骨疾患リスクにさらされていることをAmerican Journal of Clinical Nutrition(86: 150-158)に発表した。同博士によると、血中ビタミンD濃度が低い可能性が高いのは、アフリカ系米国人の小児、9歳以上で食事によるビタミンDの摂取量が低い小児であるという。



<半数以上が低ビタミンD濃度>
 今回の研究の対象となったのは、米国北東部に在住する6~21歳の健常児382人で、それぞれビタミンDの血中濃度を測定した。

 筆頭研究者のZemel博士らは、これら小児の食事ならびにサプリメントによるビタミンDの摂取量と体重を評価した結果、半数以上で血中ビタミンD濃度が低いことがわかった。対象者の55%で血中ビタミンD濃度が不足しており、68%は冬季における血中ビタミンD濃度が低かった。
 同博士は「ヒトのビタミンDの状態を表す最も優れた指標は、ビタミンDの代謝物の1つである25ヒドロキシビタミンDの血中濃度である。現在ビタミンD欠乏症の問題は総体的に過小評価されており、小児では十分な検討がなされていない」と指摘している。

 ビタミンDは健康な筋骨格維持にきわめて重要である。食事によるビタミンDのおもな供給源には強化牛乳が挙げられるが、ビタミンDレベルを上げる最良の方法は日光に当たることである。ビタミンDの不足が著しいと、筋肉の脆弱化・骨石灰化障害ならびにくる病を来す可能性がある。
 さらにビタミンDは筋骨格系以外にも、免疫機能に重要な役割を果たしており、血中濃度が低下すると高血圧・癌・多発性硬化症・1型糖尿病などを誘発する可能性もある。また血中ビタミンD濃度の低下と肥満との関連も指摘されている。

 同博士は「小児における適切なビタミンDの血中濃度を究明するには、さらに研究を重ねる必要がある」とし、現行のビタミンD推奨所要量を見直す必要性についても言及した。


【コメント】
 過去記事でも紹介したように、ビタミンD=くる病予防といった中学保健体育レベルの知識では論外で、ステロイド骨格を持つホルモンとしての働きがVDR(ビタミンDレセプター)を細胞が持つという事実に裏打ちされています。同じくRXRなどのレセプターを持つビタミンAと並んで癌治療にも応用されつつある訳ですし、糖尿病との関係が取りざたされています(高緯度のヒト=室内飼いの猫には糖尿病が多くなる)。

 さて、本記事に先立ち、"Risk assessment for vitamin D"という論文が同誌AJCN (85: 6-18全文)ですでに発表されています。アブストラクトを紹介します。

[Catsduke訳]
 本レビューの目的は、食品栄養委員会(FNB)が使用しているリスク評価の方法論を、新たなビタミンDの安全な上限摂取耐用量(UL)を得るために適用することだった。現在、骨への役割を越えるビタミンDが持つ健康上の利益に関する新しいデータが続々と報告されている。

 そして、それらの利益をもたらしうる摂取量は、サプリメントという形であれ、食品への栄養強化という形であれ、あるいはその併用であれ、現行の摂取レベルより高いものだった。
 とはいえ、気になるのはビタミンDの過剰摂取に伴う潜在的な毒性である。ところで食品栄養委員会によるビタミンDの上限摂取耐用量(50 µg=2000 IU)は、現在得られているエピデンスに基づくものではないのに、多くの人々に極めて拘束的なものとして参照されたために、研究や商業的発展や栄養政策の改善を阻害している。 実際、より高い上限摂取耐用量を支持するヒトの臨床試験データは、食品栄養委員会による1997年発表のビタミンD上限摂取耐用量の策定後に発表されているのである。

 そこで、我々はそれらの、うまく設計され、しかも相互に関係を有すると思われるヒトのビタミンDの諸臨床試験データに基づいてリスク評価を提示することにした。結論として、健康な成人に250 µg[10000国際単位]/日 以上のビタミンD3を用いて実施された諸試験で毒性が無かったという事実は、この数値を確たる上限摂取耐用量とできることを支持している。


 ここでは、日焼け由来+食餌(通常食・D強化食)由来+サプリ由来の合計量でも、推奨上限摂取耐用量である250 µg[10000国際単位]/日には及びもせず、まだ血漿中25(OH)D 濃度は500 nmol/L程度であり、これは高Ca血症を招くと見られる濃度である600 nmol/L以上には遥かに及ばないので、過剰摂取の危険性なしにビタミンDの摂取量を増やす十分な余地があるとしています。紹介されている例の中には2500 µg=2.5 mg=10万IUの短期・長期投与の例もあります。

 一般的に、アメリカのサプリメントで、タラ肝油由来のA・D合剤は1カプセルあたり各10000IU/400IUが安価でかつ標準的です。通常は脂溶性ビタミンたるA・Dは過剰摂取を戒め、メガドーズの対象から外すものです(そしてその常識を悪用して敢えて情報を混同させEまで大量摂取させまいとした上に、最近ではより積極的にEに毒性があるかのような情報操作をする向きもあります。非科学的です)が、こういう研究が出てくることで、さらに安全に治療可能な病気が増える事が望まれます。


【コメント】
 ビタミンDに関しては、以下の専門書・一般書を参考にしてください。

岡野登志夫『ビタミンDと疾患ー基礎と臨床からの考察』 医薬ジャーナル社(2000)


中村・松本・加藤『骨代謝と活性型ビタミンD』ライフ・サイエンス出版(2006)


平柳 要『がん予防に実は「日光浴」が有効なわけービタミンDの驚きの効力』講談社+α新書(2008)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

           医療用医薬品が買える! 三牧ファミリー薬局

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。